HCD-名古屋に参加しました🐤

【HCD-net東海 UXデザイン連続セミナー 1day 2day 補講】

 

お久しぶりです。ブログを書くのは久方ぶり、山口です。

 

12月22日に行われたHCD-net東海 UXデザイン連続セミナーに参加してまいりました。

(連続といっても、台風等の影響で欠席者が多かった連続講座1day 2dayの補講だったので、連続講座に参加していない人でも単発で参加が出来ました。有難い😭🙇)

 

今回のセミナーの内容はインタビュー調査からKA法分析、価値マップの作成という一連の流れを1日でやっちゃおうぜ💪(本来は2日間でやる)というもの。ちょうど今やってるPJでインタビューを使っているのでタイムリーでした。

 

以下思ったことや自分用メモなど雑に書いてます。

 

 

 


□ インタビューについての話

インタビューは文字どおり inter+view

Viewってことは見る、対象者を見る、観察するということで

つまりインタビューは対象者の返答以外にも表情や仕草など諸々を観察して読みとらなければならない………

今までインタビューをしてきたけど、対象者の表情や仕草まで意識して見たことってあったっけ……とサーっと血の気が引いた。

 


インタビュアーが行うべき三つのこと

❶場づくり(ラポール形成)

❷舵取り

❸深掘り

 


これはやっぱりな~という気持ちと、やることちゃんと合ってるという安心感を覚えた。

個人的に一番難しいと思っているのが舵取りでメインのインタビュアーをやっていると、どうしても周りが見えなくなってしまう。ゴール地点は分かっていてもどうやってゴールへ向かうのかとか、そもそも今どこにいるんだっけという遭難状態になってしまう。そこからさらに焦って周りが見えなくなって~~~という悪循環…負のスパイラル…

メインインタビュアー=船長だとしたら、やっぱり航海士という名の補助が必要だなと思った。

船長が一人で全てできるんだったらいいんんだろうけど(むしろそれが理想?)私はそんなスペックを持ち合わせて無いので、これからも船員一丸となって航海を続けていきたい。

 

 

 

□ デプスインタビュー 10のtips

すごくわかりやすかったから自分用にメモ


①何を知る調査なのか、ゴールを明確にする


②「ラポール」と「ムード」が全てを決める、最後まで気を抜かない


③「共感」と「理解」を忘れない、"でも、しかし"はNGワード


④「誘導」しない


⑤生活者は「ニーズを語るプロ」ではない


⑥被験者に「弟子入り」しよう


⑦生活者は平気で(意図せず)「ウソ」をつく、そうありたい願望を人は語る


⑧「なぜ?」を繰り返す 5回のwhy


⑨被験者の "過去~現在~未来"をタイムトリップしよう


⑩百聞は一見にしかず

 

 

□ ドキドキ KA法初体験!

KA法を実績するのは初めて(言葉自体も今回のセミナーで知った)で、少し不安な気持ちで挑んだ。

KA法では調査やインタビューで出てきたテキストを事実➡︎心の声➡︎価値と、段階を踏んで変換する。最終的には「〇〇できる価値」という語尾で統一されたKAカードが出来上がる。

そのKAカードを使って、価値統合マップを作成。今回二人にインタビューしたので、二人ぶんのKAカードを一緒の模造紙でマッピングした。マッピングの工程は親和図法と同じ感じ。(というか親和図法)

難しかったのは心の声➡︎価値 に変換する工程で、価値をどこまで抽象化するのかというその度合いでモヤモヤ。

でも、KAカードを作っている時もマッピングしている時も同じ班のメンバーとのインタラクションが活発で、悩みはしたけど手が止まることがほぼなかった😄

 

f:id:koharu__hiyori:20181224014642j:image
□社会人の方と一緒にやるWSは5月のXデザインフォーラム以来。しかもXデの時は数時間だったのに対して今回のは丸々1日だった。なのでより、社会人の方のスピード感や勢いを体験して知ることができたし、普段の自分達がいかに遅い速度で動いているか知った...のろのろしてんじゃねぇ...!

 

 

 

 

 

 

HCD-名古屋の方々がとても温かく、互いの距離が近かった。

一緒にチームを組んでWSやPJをやるって時に、互いの信頼度?ラポール?がすごく大切なんじゃないかと感じた。今回お昼休憩の時に同じグループの人と色々お話ができて、私自身同じグループの人達と信頼というか一線超えられたなと感じて午後のWSに挑めたのが嬉しかった。

 

ここまでダラダラと書き連ねてきましたが、要はこのセミナーに参加して良かった という事です。

様々な年齢、職業の人と一緒にやるスピードと楽しさが知れたし、そもそもの楽しさ(インタビューして分析してメンバー達とうんうん考える事)を改めて実感できて嬉しかった。

f:id:koharu__hiyori:20181224014713j:image

 

さいごに

"自己成長はアウトプットの量に比例する"

ブログを書くまでがWS

WSの冒頭で言われた言葉。

 


ブログじゃなくてもなんだっていいとおもうけど、兎に角その日自分が得たり感じたモノやコトをそのままにするなよ。ちゃんと自分で噛み砕いで反芻して糧にしろよ。と、散々言われていたことだと思うけど、今更めっちゃ大事じゃんと感じた。

これからは特になんでもないことでも、自分のインプットになったのならアウトプット(ブログ書く)しようと思う。